2014年9月17日水曜日

エッフェル作 ルザ高架橋 (Rouzat Viaduct)

エッフェルが、日本の明治維新頃の1969年に作った、Rouzat(ルザ、発音はGoogleMapによる)高架橋。鉄道橋。

詳細は、外国語であるがStructurae(英語)およびWikipedia(フランス語)に掲載されている。

最近、メンテナンスが行われており、塗装は綺麗である。GoogleMapでは、ちょうど、足場が設置されている写真が出ており、興味深い。

なお、圧縮部材の接合部付近が、オリジナルの物よりも座屈補強されているようである。オリジナル部分が、リベットであることに対して、圧縮部材だけアングル材がボルトにより設置されているので、時期が異なると判断できるためである。











0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...