2014年9月17日水曜日

エッフェル作 ルザ高架橋 (Rouzat Viaduct)

エッフェルが、日本の明治維新頃の1969年に作った、Rouzat(ルザ、発音はGoogleMapによる)高架橋。鉄道橋。

詳細は、外国語であるがStructurae(英語)およびWikipedia(フランス語)に掲載されている。

最近、メンテナンスが行われており、塗装は綺麗である。GoogleMapでは、ちょうど、足場が設置されている写真が出ており、興味深い。

なお、圧縮部材の接合部付近が、オリジナルの物よりも座屈補強されているようである。オリジナル部分が、リベットであることに対して、圧縮部材だけアングル材がボルトにより設置されているので、時期が異なると判断できるためである。











0 件のコメント:

コメントを投稿

心の底から

昨日は、四国地方整備局職員(土木技術者)向けのコンクリートの品質確保の講習会・現場実習であった。13時から1時間座学、その後、橋梁現場30分、トンネル現場30分での表層目視評価の実習であった。途中、マイクロバスでの長い移動もあり、最後に国交省本庁に戻ったのは18時を少し廻ったとこ...