2014年9月17日水曜日

エッフェル作 ルザ高架橋 (Rouzat Viaduct)

エッフェルが、日本の明治維新頃の1969年に作った、Rouzat(ルザ、発音はGoogleMapによる)高架橋。鉄道橋。

詳細は、外国語であるがStructurae(英語)およびWikipedia(フランス語)に掲載されている。

最近、メンテナンスが行われており、塗装は綺麗である。GoogleMapでは、ちょうど、足場が設置されている写真が出ており、興味深い。

なお、圧縮部材の接合部付近が、オリジナルの物よりも座屈補強されているようである。オリジナル部分が、リベットであることに対して、圧縮部材だけアングル材がボルトにより設置されているので、時期が異なると判断できるためである。











0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...