2014年9月17日水曜日

エッフェル塔の近接撮影

エッフェル設計のエッフェル塔は、観光ではなく、鋼構造という観点でよく見てみたかった。2日目の夕方にちょっとだけ時間が空いたので、訪れたのだが、観光客の見学待ちで一杯であったため、入場だけでも1時間かかりそうだったので諦めた。

ノートPCぐらいの重さにはなるが、今回の橋梁見学のためにそこそこ大きな双眼鏡を持ってきていたので、今回も近場から眺めることにした。芝生に寝そべりながら、大きな双眼鏡でウォッチ。

トラス構造を頭に焼き付けることにした。その後訪れた、ガラビ高架橋など、ディテールがそっくりであったことが驚きであった。

双眼鏡で覗くと、結構さびが発生していることがわかった。ただし、表面的なものが雨で流れて広がっている程度なので、それほど深刻な状況ではないだろう。








 結構さび汁が汚い。




 塗装の剥がれも少々。






0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...