2014年9月13日土曜日

ガール水道橋(Pont du Gard)

ガール水道橋(ポンデュガール,Pont du Gard)

約2000年前に作られた水道橋。

今、さかんに100年後のコンクリートの品質を語っていますが、過去の2000年前の構造物から学ぶ必要があるでしょう。13年前に訪れていますが、2000年のうちの13年は、一瞬ですね。何も変わっていませんでした。

同じ石で、ほぼ同じ個所、環境条件でも、そのまま切り出した時の石のエッジが残っているもの、風化して丸くなっているもの、が混在しているのが印象でした。圧縮部材なので、一切、補修(石を埋め込みなおす)というのはできないと思いますので。石の品質にも差異があるというのが、こうやって並べられたことによって、2000年経過してわかるのでしょう。

石自体の品質だけでなく、切り出した職人のスキルの違いがあったとしたら、すごいですね。単なる仮説ですが、有能な職人が切り出した石は節理の方向から非常に耐久性があり、そうでない場合にはすぐに劣化する、とかあったりして(単なる妄想)。その違いも作って100年ぐらいはまったく違いが出なくても2000年たつとこのように差異として現れる、など・・・。

全体的に、水が流れるところ(表面、漏水箇所)は、やはり劣化が早いようです。










0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...