2014年9月23日火曜日

フランスの高速道路 オーバーブリッジ編

フランスの高速道路について紹介します。


今回は、高速道路を跨ぐ、オーバーブリッジに焦点を当てます。系統立てているわけではありませんが、今回1000km移動した中で、特徴的なものは以下に集約されると思います。


片側のみの方杖ラーメン橋

 桁はよくわからないが、橋脚がV字形

ええっと、これはなんという形式でしたか。失念。

ちょっと斜めから。

鋼管トラスアーチ、でいいのでしょうか。横から見ると平面的ですが。
 斜めから見るとこうです。

 この辺はシンプルです。基本はこういうタイプが多いですが、何か意匠のペイントはしています。

 橋は特色はありませんが、親柱は!

 橋脚の一部のテクスチャにこだわっています。

 桁の縁形状とともに橋脚のテクスチャが。
 これは、あとから外ケーブル補強をしているような。
確か、この写真のみ高速道路ではありませんが、古いアーチ橋。
方杖ラーメン橋。実はその向こうに見える海が、地中海です。ニース、コートダジュールの近くです。
斜材が一見ランダムな配置のアーチ橋。

0 件のコメント:

コメントを投稿

排水の陣

1年半前、うちの高専のコンクリート系の教員の最年長になり、材料実験室の管理は私が中心となった。 管理方針としては、3つある。 1) 片付けをする ←整理以前にモノを捨てる必要があった。倉庫番(ファミコンのパズルゲーム→今は死語)すら成り立たず、まず捨てないと動かす場所が...