2014年9月23日火曜日

フランスの高速道路 オーバーブリッジ編

フランスの高速道路について紹介します。


今回は、高速道路を跨ぐ、オーバーブリッジに焦点を当てます。系統立てているわけではありませんが、今回1000km移動した中で、特徴的なものは以下に集約されると思います。


片側のみの方杖ラーメン橋

 桁はよくわからないが、橋脚がV字形

ええっと、これはなんという形式でしたか。失念。

ちょっと斜めから。

鋼管トラスアーチ、でいいのでしょうか。横から見ると平面的ですが。
 斜めから見るとこうです。

 この辺はシンプルです。基本はこういうタイプが多いですが、何か意匠のペイントはしています。

 橋は特色はありませんが、親柱は!

 橋脚の一部のテクスチャにこだわっています。

 桁の縁形状とともに橋脚のテクスチャが。
 これは、あとから外ケーブル補強をしているような。
確か、この写真のみ高速道路ではありませんが、古いアーチ橋。
方杖ラーメン橋。実はその向こうに見える海が、地中海です。ニース、コートダジュールの近くです。
斜材が一見ランダムな配置のアーチ橋。

0 件のコメント:

コメントを投稿

8分の新幹線乗り換え時間

新幹線を使って出張に行く際には、高松から瀬戸大橋を渡るマリンライナーで岡山駅まで到着し、岡山駅から新幹線に乗る。マリンライナーの乗車時間は60分で、経路検索で標準で出てくる乗換え時間間隔は、短いときには10分程度から、最短8分というのも頻繁に出てくる。 当たり前だが、6...