2014年9月17日水曜日

オーギュスト・ペレの鉄筋コンクリート建築

オーギュスト・ペレ(1874-1954)による鉄筋コンクリート建築。内藤先生の形態デザイン講義を読むまでは知らなかった。


最近、2005年に、「オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル」として世界遺産登録されたのも知らなかったので、きちんと勉強したい。

ル・アーヴルではなく、パリの近郊にあるル・ランシーの「ランシー教会」を訪れた。全て鉄筋コンクリート。窓枠も。階段も。ル・コルビジェにも大きな影響を与えたという。鉄筋コンクリートでこのような軽快な大空間が作れるとは。

















0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...