2014年9月17日水曜日

オーギュスト・ペレの鉄筋コンクリート建築

オーギュスト・ペレ(1874-1954)による鉄筋コンクリート建築。内藤先生の形態デザイン講義を読むまでは知らなかった。


最近、2005年に、「オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル」として世界遺産登録されたのも知らなかったので、きちんと勉強したい。

ル・アーヴルではなく、パリの近郊にあるル・ランシーの「ランシー教会」を訪れた。全て鉄筋コンクリート。窓枠も。階段も。ル・コルビジェにも大きな影響を与えたという。鉄筋コンクリートでこのような軽快な大空間が作れるとは。

















0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...