2011年4月10日日曜日

本の整理

読んだ本の整理をしたかった。物理的な置き場の話ではなく、周囲の人に薦めたい本のレビューなど。博士課程の小松君のブログの紹介が気になっており、週末にブクログを開設してみた。このブログにリンクを貼った。

とりあえず、過去3年間のウェブ日記をざっと見て、そこで紹介してきた本を登録してみた。それ以外に読んだ本については、本棚を見ながら追って登録することになるだろう。

本で思い出したのは、私は中学校から星新一のショートショートが好きで、だいぶ読んできたきたこと。大学生の時、星氏が亡くなったのを受け、ショートショート1001編を収録した全集が3万円で発売された。厚さは20cm位ある。買おうか買うまいか悩んだが、数年後、大学院生のとき、思い切って買った。

話は飛ぶ。金曜日の歓迎会の際、終わりのほうで、なぜか私のプロポーズの話になった。学生Nによると私の鉄板話らしいが、それに関係している。M2の夏、相手がフランス赴任という遠距離恋愛となった。任期は最低2年ということで、3年くらいかと覚悟していた。およそ1000日。で、そのショートショート1001編が収録された本を、毎日1編ずつ読めば終わった頃に帰ってくるだろうと、買ったのである。若い頃の話だ。

3万円の本というのは、これまでで最高額である。結局、その本は読めていない。背表紙だけが色あせてくる。たまに、無作為に本を開いて、面白い短編に出会うのが楽しみである。

0 件のコメント:

コメントを投稿

心の底から

昨日は、四国地方整備局職員(土木技術者)向けのコンクリートの品質確保の講習会・現場実習であった。13時から1時間座学、その後、橋梁現場30分、トンネル現場30分での表層目視評価の実習であった。途中、マイクロバスでの長い移動もあり、最後に国交省本庁に戻ったのは18時を少し廻ったとこ...