2013年6月10日月曜日

夢の扉+ 

(2014年5月20日 リンク先をバックナンバーの直リンクに変更しました)

前回(2011年2月27日)の東京大学生産技術研究所 岸利治先生に引き続き、コンクリートの研究者が、TBS系列、「夢の扉+」の主役として登場します。6/16(日)放送のようです。

大分高専(大分工業高等専門学校)のコンクリートを専門とする一宮一夫教授です。

高専(高等専門学校)の教授ということなので、私にとってももっと身近になります。ぜひご覧ください。

http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20130616.html



私自身、この番組は毎週は見ていないのですが、紹介を受けて知りました。

前回のコンクリートがテーマの時の岸先生の回は、以下のようにPRされています。

http://www.tbs.co.jp/yumetobi/backnumber/20110227.html


岸先生の回は、ブログにも複数紹介されています。

http://ameblo.jp/cm115549901/entry-10815035850.html
http://topicsnow.blog72.fc2.com/blog-entry-1332.html
http://tv-blog.blog.so-net.ne.jp/2011-02-28

岸先生の回に私の登場はないのですが、実は、岸先生が手に持っておられる、「ご自身が一番好きなコンクリート」は、ご一緒した委員会活動の現場で、私(林)本人がコンクリートコアドリルを用いて、穴をあけて採取したものです。私にとってみれば、作業をしただけですが、我が子のようなコンクリートです。その写真は、上記の番組バックナンバーのトップ写真にもなっています。丸いコンクリート。



以上、私の自慢、もとい、次回の番組紹介でした。

内容は存じ上げませんが、高専でのコンクリートを題材とした技術者教育も放送されると思いますので、ぜひ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

排水の陣

1年半前、うちの高専のコンクリート系の教員の最年長になり、材料実験室の管理は私が中心となった。 管理方針としては、3つある。 1) 片付けをする ←整理以前にモノを捨てる必要があった。倉庫番(ファミコンのパズルゲーム→今は死語)すら成り立たず、まず捨てないと動かす場所が...