2013年6月10日月曜日

夢の扉+ 

(2014年5月20日 リンク先をバックナンバーの直リンクに変更しました)

前回(2011年2月27日)の東京大学生産技術研究所 岸利治先生に引き続き、コンクリートの研究者が、TBS系列、「夢の扉+」の主役として登場します。6/16(日)放送のようです。

大分高専(大分工業高等専門学校)のコンクリートを専門とする一宮一夫教授です。

高専(高等専門学校)の教授ということなので、私にとってももっと身近になります。ぜひご覧ください。

http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20130616.html



私自身、この番組は毎週は見ていないのですが、紹介を受けて知りました。

前回のコンクリートがテーマの時の岸先生の回は、以下のようにPRされています。

http://www.tbs.co.jp/yumetobi/backnumber/20110227.html


岸先生の回は、ブログにも複数紹介されています。

http://ameblo.jp/cm115549901/entry-10815035850.html
http://topicsnow.blog72.fc2.com/blog-entry-1332.html
http://tv-blog.blog.so-net.ne.jp/2011-02-28

岸先生の回に私の登場はないのですが、実は、岸先生が手に持っておられる、「ご自身が一番好きなコンクリート」は、ご一緒した委員会活動の現場で、私(林)本人がコンクリートコアドリルを用いて、穴をあけて採取したものです。私にとってみれば、作業をしただけですが、我が子のようなコンクリートです。その写真は、上記の番組バックナンバーのトップ写真にもなっています。丸いコンクリート。



以上、私の自慢、もとい、次回の番組紹介でした。

内容は存じ上げませんが、高専でのコンクリートを題材とした技術者教育も放送されると思いますので、ぜひ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...