2014年2月11日火曜日

手帳考  新しい手帳の発明

4月始まりの手帳を予約購入し、先日手元に届いた。なんと、今年から体裁が変更になっている!!!


手帳の切り替えというのは、新たな気持ちになれるという精神的なプラス面を除外すると、義務的なもので、生産的ではない。できれば短縮したいものである。



切り替え時期に問題になることを考察してみる。私は4月始まり手帳を愛用しているので、それをベースとするが、1月始まりでも考えは同じである。

デメリット1)手帳が切れかけの時に、それを超えた予定が入ること。

12月頃から、新しい年度の行事、予定がぽつぽつと入ってくる。〇〇年次大会の日程や、〇〇会議の予定など。この時期は、まだ先の話なので、個人の予定が入っている人はほぼなくて、単にその日程を承りました、ということだけのケースが多いので、幸い致命的にはならない。

12月下旬から1月頃の話であるが、周囲には1月始まり手帳を使っている人が多数なので、4月始まり手帳を使っている私だけ記入欄がない、という状態となる。私は、現行の手帳にも、2年目の年間カレンダーがついているので、それに直接書き込んだり、メモ帳の1ページを、次年度の予定書き込み欄として使って集約しているので、日程のメモとして何とかしのいでいる。


デメリット2)新しい年度の手帳を入手しても、すぐに使えるわけではなく、2冊持たなければならない時期が存在する。

手帳の売出し日に購入しても、その手帳の開始日は、数週間先であるため、すぐに使い始められるわけではない。しかし、すでに売り出し日の段階では、次年度の手帳に記入すべき予定が多数入りつつある時期である。

よって、2冊の手帳を持ち歩かなければならない。1冊はカバンに入れておけば事が済む場合と、2冊とも身に着けておいた方がメリットがある場合の両方がある。


デメリット3)オーバーラップした時期の予定を、転記する必要がある。
新しい手帳を入手しても、4月までのサービス時期の欄は記入しない、ということを貫けばこのデメリットは少なくなるが、少なくとも4月以降の別途メモしていた予定は転記する必要がある。


このデメリット3個を、ぜひ覚えておいてほしい。もちろん、デメリットに感じていない人はいることを受け入れるが、私自身は、現時点ではデメリットと感じており、期間や作業量を短縮したい。



能率手帳(今年からブランド名がノルティに変わった)は、4月始まりの手帳が購入できるのが2013年度版までは、2月4日ごろであった。そして、4月始まり手帳の1ページ目は、2月18日(月)であった。ということで、私は、2月18日を境に、新しい手帳を使い始めることにしていた。

具体的には、2月4日から18日の間は、次のようにしている。手に入れた時点で、2月18日以降の予定は、新しい手帳に転記し、以後2月18日以降の予定は、新しい手帳に記入する。古い手帳の2月18日以降、3月末までは、間違って記入や参照しないように、斜線を引いておく。そして、2冊の手帳を常に持ち歩く。
2月18日になれば、新しい手帳のみ身に着けることになるが、どうしても、しばらくは同年度の過去のことを参照する機会があるため、概ね3月末までは、カバンに入れておく。4月を過ぎれば、引出しの定位置に入れておく。

以上のようなサイクルを、ここ数年は繰り返していた。



ところが・・・このブログの冒頭の発言なのだが、


2014年版のノルティとなった能率手帳は、型番も、体裁も全く同じで、購入日も同じだった。しかし、手帳の開始日が3月10日(月)と遅くなる方向へ変わった。じぇじぇじぇ。1か月も切り替え時期が続くのか。


私にとっては、死活問題である。

年中行事を、1か月も行うのは、ちょっと困る。いや、だいぶ困る。4年に1度のオリンピックの聖火リレーでであったり、式年遷宮であれば、その準備が1年以上続いても、お祭りだと我慢できるが、毎年1か月間も切り替えを行うとは、非効率。



手帳を乗り換えるか、何か別のことを考えたい。

私の記憶では、能率手帳の1月始まりの方が、オーバーラップ期間が長かったはずなので、それに戻すか。ここまで4月始まり手帳のデメリットが増えれば、1月始まりにした方が、トータルとしてましかもしれない。新しいノルティの1月始まりをさかのぼってチェックしなければ。

なお、商品番号9011(4月始まり)を使っている。(だれか能率協会の人読まないかな)


自分で手帳の新ブランドの会社を興そうかと思っていたが(嘘)、なんとしても新しい林ブランドの手帳を作りたい。ネットで呼びかければ、賛同者はいるのではないか。






私の構想はこうだ。数年後を考えていたので非公開で特許でも狙おうと思っていたが、今年の変更で切羽詰ったので、公開してしまうことを選ぶ。実を取りたい。

考えは、リフィル式のシステム手帳と似ている。だが、コンパクトさを求めるので、システム手帳は不要。

案1)1年3か月ぐらいの、3ヶ月くらいオーバーラップする手帳を新規で作る、ことをまず考えていた。しかし、それだけでは、デメリット1、デメリット2が解消されるだけで、 デメリット3は解消されない。

案2)1年を半期に分ける。4~9月、10~3月の2つの手帳となり、1つの簡易なカバーの両方に挟み込むことで、1年分のコンパクトな手帳となる。つねに、現在の日付を含む半年分と、次の半年分の手帳をカバーに入れておき、常に少なくとも半年後までの予定が書き込める。それを半年ごとに新しいものに更新していく。そうすれば、手帳を書き写す必要はなくなり、デメリット1~3が全て解決できるのである。

よって案2を推したい。

製本屋さんにお願いすれば、既存のものを使ってオリジナル手帳ができそうだが、これを見た手帳メーカー、印刷屋さん、実用化してもらえないだろうか。



もし、このアイデアが既に出ていたり、その手帳が購入可能でしたら、ご連絡いただけると幸いです。私の問題が解決した場合には、その方に薄謝を進呈します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...