2014年2月24日月曜日

豊島産廃の勉強

豊島産廃事件について、現地を訪れ、体験されることを強くお勧めする。書籍やホームページでは、知識としては知っても、身に染みて体験することはできない。

以前、フェイスブックにも少々記事を書いたことも有るが、過去の記事の検索性は乏しいので、やはりブログの方に清書していかねばと思って、こちらにも移植していきたい。


廃棄物対策豊島住民会議議長を務められた、砂川三男さんのお話をぜひ聞いていただきたい。

昨年秋に、体調を崩されていたのから復帰されたようで、瀬戸内海放送で特集が組まれ、同ホームページにて、視聴できる。

動画はこちらをクリック



一般に豊島産廃事件について見学をするには、廃棄物対策豊島住民会議 で申し込む必要がある。

ここに私は直接問い合わせたことがないが、砂川さんと直接お会いできるかどうかはわからないように思う。また、一人で直接申し込むのも少々気が引ける、というのも有ろうかと思う。

以下の、アーキペラゴゼミにおいて、豊島ゼミが定期的に企画されており、次回は来月3月15日(土)に開催されるとの情報を得た。この会は、横浜に居た時代から参加したかったが、なかなか日程が合わない。


私はこの会に参加したことはないので内容の保証はできないが、団体で行動するので敷居が下がるのではないだろうか。



0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...