2013年5月18日土曜日

離島宣言

離島と聞いて、イメージするものは?

郵便が届くのが遅れる。新聞も1日前だったり、早くても午後に届くとか。そして、宅急便等で離島料金が適用される。そして、日本の人口でいえば、1%以下だろう、というイメージ。

私は四国や九州にも住んだことがあるので、3つの島を制覇したことになる。離島ときいて、四国本島、九州本島とは別に、離れ小島になっている島、という認識をする人が殆どではないだろうか。私もそうだった。

10年くらい前の出来事を思い出した。

徳島県徳島市、すなわち県庁所在地に住む、両親に、何かプレゼントを贈るかで、ネットで注文して直送してもらうことにした。きちんとしたサイトを持った、関東の会社だったと思う。楽天だった気もするが、定かではない。そして注文後、送料のところで、離島料金が適用されるとの連絡を得た。はじめは何かの認識違いかと思ったら、その担当者は、何を言う、というようなこちらをばかにしたようなメールが。四国全体が、離島であるとの認識のよう。


そもそも、離島料金など言わずに、クロネコヤマトなどの料金をそのまま請求してくれればよいのに、一律2000円(記憶)とかなんとかとる時点でいかがわしい。


これを書く段階になって、一応調べてみると、厳密な定義までは見ていないが、本州、四国本島、九州本島、沖縄本島、北海道、以外の島、とあった。それを受けて、もう少し汎用的な書き方をすると、「どの県庁所在地にも陸続きとなっていない土地(林和彦定義)」が解りやすいだろうか。

昨日、新幹線の帰りに、数時間あったので、思いついたネタをフェイスブックに披露していったら、前後の書き込みには、「いいね」が10個以上着いたのに、「離島」ネタについては、数件で少ない。しかも、ほとんどが中国四国の人、だった。もしかしてこれは、関東に住んでいる人は、本州以外は離島だと思っていましたか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...