2013年5月18日土曜日

【作品No.2】増設の引き出し

関東に住んでいる人で、ヨーロッパの家具屋さん、IKEAに行った人で、私の年代(家族、子供がいる)で、圧倒的にシェアが高い家具は下の写真のカラフルなプラスチックケースとそれを収納する棚。写真では3段重ねている。これまで3連は金属で連続していたのであるが、耐震固定をどうするか、考えていた。それと同時に、子供部屋で1つ片付いていないものがあったので、それを収納するものが欲しいとの妻からのリクエストがあった。そこで匠は立ち上がった(ナレーション、セルフサービス)。


 
現況。突っ張り棒をまだつけていない。梁があるので、適切なものが探せず。

自分が出演することは少ないのですが、たまたま娘がカメラを向けたので、撮影。


 左右の足を増設。単に板2枚。倒れ防止のために、1本のつっかえ棒に相当する棒で固定。


 既存のIKEAの家具を重ねると、この通り。

連結した板を、このようなプレートと木ネジで固定。

土台は完成。上部が梁の高さにあうようにしているので、突っ張り棒がなくても、倒れてきません。耐震固定はOK。


 忙しすぎて、写真を撮る時間がなかったのですが、上記の引出(キャスター付)を寸法に合わせて作成。

引き出しのディテール。

後で、時間ができたら、前面にクリアラッカーを塗って、他の部分と色を合わせます。

材料費は、ざっと3000円程度でしょうか。他も同時進行だったので。
木材は、赤松、です。






1 件のコメント:

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...