2013年5月18日土曜日

2013年5月18日ヨット部

顧問3回目。

今日は、救助艇マゼランをメンテナンスのために、屋島の修理工場へ回送することが午前中のメインでした。



4年生の運転と、私に加え、色々と経験してもらうために1年生が2名乗船。


 まず、軽油を注油してスタート。
 今回は、ヨット練習場の外に出ます。

これぞ青春。

船内はこんな感じです。
 途中、島を行き交うフェリーに遭遇。
 こちらも。
 普段は登場しない私も。
 朝日新町の沖。(ミニ)観覧車が見えます。
 屋島を目指します。
 屋島を北から見たところ。普段見ない角度です。
 船長。
 何を想う。

 屋島の先端の長崎の鼻。


 工場に着きました。

 このように陸に上げます。
 1週間でメンテナンス完了。来週もまた、回送しますが、顧問担当ではないので、把握していません。
 昼過ぎに戻ると、学生は練習。いつかの1年生と比較すると、頑張っているのがよくわかります。

1年生はこの1か月で大きく成長したようにも見えます。数回に1回しか来ないので、特にそう感じるのかもしれません。

 事務所に修理を依頼していた蛍光灯が直ったのですが、グロー球を入れ忘れていたようで、スーパーに買いに行く羽目に。
 学生が何かの部品を作っていました。
グロー球をつけて、終了。

0 件のコメント:

コメントを投稿

排水の陣

1年半前、うちの高専のコンクリート系の教員の最年長になり、材料実験室の管理は私が中心となった。 管理方針としては、3つある。 1) 片付けをする ←整理以前にモノを捨てる必要があった。倉庫番(ファミコンのパズルゲーム→今は死語)すら成り立たず、まず捨てないと動かす場所が...