2013年3月12日火曜日

訃報

前任の大学からメール。私が所属していた部局(横浜国立大学大学院 都市イノベーション研究院)の現役の研究院長(学部長、研究科長、と言った方がわかりやすいだろうが)の梅本洋一教授が急逝されたとの連絡であった。まだお若いのに、信じられない。

専門分野は違えど、自分が所属する組織の長ということで、大変お世話になった。2月末に、退職のご挨拶をした際に、短時間であったが、温かい祝辞のお言葉をいただいたのを強く覚えている。2週間前に交わした、梅本先生と最後の会話であった。

昨日の早い時点ではネットには情報は掲載されていなかったが(その後新聞各紙)、試しにツイッターで検索すると、すでにたくさんの情報が飛び交っており、先生が多様な分野でご活躍であったことが偲ばれた。

ご冥福をお祈りする。




0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...