2013年3月10日日曜日

相棒

本日日曜日は、赴任後初の仕事がない日である。家でPCを使って論文の修正などをしながら、家の片づけや整理で結局終日過ごす。

ホームセンターに買い出しに行く途中、地元の登山用品店の横をたまたま通ったので、久しぶりに覗いてみると、当時から年齢を重ねた(私も、同じだけの年を重ねている)主人が一人、ザックか何かの修理をしていた。高松高校山岳部時代は、通学路の途中に位置することもあり、何も買わなくても何度も訪れた。

18年ぶりに戻ってきたことを挨拶し、思い出話に花が咲いた。ヨット部顧問になったという話をすると、このお店でも、実は、登山ザック用の分厚い布と糸で、ヨットの部品を修理する依頼があって、よく修理しているという。県下の高校や大学のヨット部から依頼があるらしい。新品で買うには高いものも、修理だと安くつく。

落ち着いたら、今度は子供も含めて登山、トレッキングを再開しようと思っているが、ヨットでもこの店にお世話になるかもしれない。

店の名前は、アイボスポーツ(aibosports)である。高校時代、名前の意味を聞いたら、「仲間、相棒のこと」だと説明を受けたのを覚えている。 ここで購入した用具の数々は、私の命を支えるものとして、実際の相棒として助けてくれている。ヨット部の方でも、関われるとさらに面白くなるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...