2011年6月4日土曜日

テレビ

BS日本テレビに、「よい国のニュース」という番組があることを新聞のテレビ欄で気づき、ピンと来たので見てみた。元気が出るニュースのみ流す、というコンセプトの番組という。雑誌「ジャパニスト」に似たコンセプトだ。震災復興、現地ボランティアの話が多かったが、見ていて心温まるし、それなりに取材をしていて好感触だった。とりあえず、ビデオで毎回録画をしておこう。

「大科学実験」にもはまっている。愚直に実験を行う企画で、たまにニヤリとしてしまう。例えば、パラボラアンテナの実験の回で、パラボラアンテナに集まった電波は1点に集中するが、それを可視化するために、たくさんの玉を同時に投げつけて1点に集めるという実験は、圧巻だった。

テレビについて、ドラマ、バラエティは見る時間がないので、殆ど見る気はしない。たまに、マニアックな科学番組があったりするのを探すのが面白い。そういう観点で、タモリ倶楽部は、半分くらいは、まじめor不真面目に、科学技術を扱うテーマであり、数分の1は土木ネタなので、そのことに気づいた大学院生くらいから、15年くらい欠かさず見ている。先週も東京ゲートブリッジがテーマだった。

家のHDDレコーダーは昨年末に地デジに移行した。テレビは、モニタのみの利用として、アナログのブラウン管テレビを使っていたが、電力削減のプレッシャーから、先週に液晶テレビに変更。

0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...