2011年5月31日火曜日

健康第一

娘(4歳)の風邪に引き続き、息子(2歳)の風邪と続き、かれこれ10日間くらい、我が家が苦しめられている。もちろん24時間面倒を見ている妻に感謝だが、私もこの土日は一緒に過ごして、その大変さを改めて実感。特に長男の咳が激しく、夜中も数時間毎に起きて、本人は一度起きたら1時間くらい眠れないので私や妻と一緒に過ごしたりで、我々の睡眠も断続的に。久々にきつい週末だった。
月曜日は昼過ぎまで病院に連れて行ってから、午後に出勤。


ということで、本人の体調管理も大切だが、結局は家族全員の健康がいかに大切か。

必ずしも子供の風邪だけの理由ではないが、締め切りが過ぎている事務の提出が、1週間以上遅れて月曜日に出します、と言って先延ばしにしていたものの、想定外に土日月はまったく仕事ができず、火曜日から作業を始めて、さっき提出するという失態も。

この日記も、更新する余裕なしで1週間過ぎてしまった。書きたいネタはたくさんあったが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...