2011年5月9日月曜日

マネジメント

昨日、技術士2次試験の願書を郵送した。今年は合格する、という決意を新たに。とはいえ、論文投稿、研究、教育、委員会、等が目白押しなので、振り回されているとあっという間に8月を迎え、技術士の一般論文の勉強がおろそかになるのは、目に見えている。それでは、上位10%に入る文章を書けるわけはない。

若くはないのだから、この位の仕事量はきちんとマネジメントして成果を出さないと、今後一生頑張っても無理だろう、と言い聞かせ、今年はやるべきことをきちんとこなすことに注力したい。

まずは、論文投稿。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...