2011年5月8日日曜日

北海道

車中つけたラジオで、「大地の詩」という映画の紹介をしていた。途中からつけたので全貌はわからなかったが、ピンと来るものを感じ、帰ってから調べてみた。映画か、原作でもいいので見たみたい。
http://www.gendaipro.com/tomeoka/index.html

北海道の監獄というと、吉村昭の「赤い人」という小説をお勧めする。北海道に縁もゆかりもなかったが、前の夏合宿で函館を訪れるために、読んでみた。北海道の開拓がこのようにして行われたのか、と想像を絶する現実に驚く。吉村昭「破獄」も関係する。

この映画はまだ見ていないが、メモとして日記に記録。

0 件のコメント:

コメントを投稿

心の底から

昨日は、四国地方整備局職員(土木技術者)向けのコンクリートの品質確保の講習会・現場実習であった。13時から1時間座学、その後、橋梁現場30分、トンネル現場30分での表層目視評価の実習であった。途中、マイクロバスでの長い移動もあり、最後に国交省本庁に戻ったのは18時を少し廻ったとこ...