2011年5月8日日曜日

北海道

車中つけたラジオで、「大地の詩」という映画の紹介をしていた。途中からつけたので全貌はわからなかったが、ピンと来るものを感じ、帰ってから調べてみた。映画か、原作でもいいので見たみたい。
http://www.gendaipro.com/tomeoka/index.html

北海道の監獄というと、吉村昭の「赤い人」という小説をお勧めする。北海道に縁もゆかりもなかったが、前の夏合宿で函館を訪れるために、読んでみた。北海道の開拓がこのようにして行われたのか、と想像を絶する現実に驚く。吉村昭「破獄」も関係する。

この映画はまだ見ていないが、メモとして日記に記録。

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...