2011年5月6日金曜日

林文庫、始めました

前から言っていて実現していなかった、林文庫、本日開設しました。302号室の細田文庫の棚の下の方に1段確保しました。

私が読んで、他の人に勧めたい本を置くようにします。ブクログとも連動しようと思っていますが、有機的な連携はまだ先。とりあえず、手元の本をブクログに登録しつつ、面白そうな本を文庫に収納ということになるでしょう。

高校生に対して、土木工学とは何か、土木工学の魅力というものを紹介するページを作る、と飲み会で豪語していた割には動かなかったことも、ブクログにて、それらしきカテゴリを作って紹介しています。

ブラッシュアップは今後はかるとして、まずは始めることが肝心。後はなんとでもなります。

土木遺産に関する本、橋梁についての本、も、カテゴリを分けて、そこに集約するようにしようと思っています。このカテゴリ分けは後日。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...