2011年5月23日月曜日

ブラックボックス

先ほどの投稿に続き、同じジャッキを使う作業の中で、○○ができないから△△した、という行動がいくつか見られた。

○○と△△の間には、一見、互いに連関しているように思うが、よくよく考えると「風が吹いたら桶屋が儲かる」という風に飛躍している。

例えば、「ジャッキを設置するとゲージが切れる恐れがある」、と発言したケース。

私は問いかける。どのように切れるのか。

「ジャッキを設置するとジャッキがゲージに当たるため、ゲージが切れる恐れがある。」

では、どのように設置すると、ジャッキのどの部分が当たるのか、と問いかける。

「このように・・・・。あれ?実際には当たっていない」 実際には、ジャッキの端部には凹凸がついていて、凹んだ部分をあてれば、ゲージには当たらないので、結果としてゲージは切れないのである。


事実にブラックボックスはない。人間が作り出したり、人間が気づかないだけである。

こういう概念的なことは、多く失敗し、その際に痛恨で学ぶしか解決方法はないと思う。

さすがに指導の方法としては、つるし上げたり、責めることは、デメリットの方が多くて逆効果である。対話の中で、本人がまずい、と気づかせることがボディーブローのように効いて来る、と私は思っている。

もう一人私がいたら、「あんたは、何を根拠に、その方法がいいと考えるの」と問いかけるかもしれないが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...