2013年4月30日火曜日

香川高専ヨット部の練習風景

昨日まで、4月以降に顧問として2回、香川高専ヨット部の練習に付き添ってきました。顧問4名で交代で担当しているので、顧問の頻度は低いですが、学生のヨット部自体の活動としては、土日祝の休日は殆ど毎日行っています。ヨットハーバーが高専からは遠いこともあり、平日は活動を行っていません。


練習中にいろいろと写真を撮影しましたが、写真をそのままにしておくのはもったいないし、現時点で有効なホームページもないことから、ホームページなどが機能するまでの間、こうやって貯めていこうと思います(2013/6/26写真は一時停止、6/30新しいブログ記事へ再リンク)。写真の共有と公開には様々な目的や役割はありますが、その一つとして、親御さんがヨットって危険ではないのか、わが子はどこで何やっているの?という疑問に応えるのも、あると思います。私が親の立場だったら、そうでしょう。



その1:2013年4月14日の練習
 私自身が顧問として初めてだったこともあり、気になったことばかりで、関係ないスナップ写真もたくさん。私が救助艇に乗船て付き添ったので、ヨットの間近の写真があります。

その2:2013年4月29日の練習
 新入生が6名も来て、彼らも海に繰り出しました。今回私は救助艇には乗らなかったので、海上の写真はありません。岸壁から見ていましたが、風が強く吹いて、寒い、寒い。午後はヨット競技場に借りている部屋(通称部室)の片づけと、ヨットの整備をして、だいぶさっぱりしたようです。

<6/30追記>
このブログにおいて、ヨット部関連は、「ヨット部活動報告」のラベルを付けました。ブログ右下の、ラベルの当該欄をクリックすると記事を抽出できます。

また、私のホームページに★ヨット部のページ★を作り、そこにこのブログのリンクを集めるようにしたので、そちらからも同じページへアクセスできます。


キーワード:香川高等専門学校、香川高専、ヨット部

0 件のコメント:

コメントを投稿

心の底から

昨日は、四国地方整備局職員(土木技術者)向けのコンクリートの品質確保の講習会・現場実習であった。13時から1時間座学、その後、橋梁現場30分、トンネル現場30分での表層目視評価の実習であった。途中、マイクロバスでの長い移動もあり、最後に国交省本庁に戻ったのは18時を少し廻ったとこ...