2017年8月27日日曜日

擬木コンクリート建築

信濃川の大河津分水を見学。それとは直接は関係ないが、資料館のコンクリート建築が特徴があった。コンクリートで木組みのような梁を再現していた。4本の丸太が重なっているように見えるが、繋がってコンクリートで作られているように見える。

中に鉄筋が通っており鉄筋かぶりはそれほど大きくないと思われるが細い部材なのに劣化も見られない。逆勾配の所の気泡もとくに目立たない。

参考に、丹下健三の香川県庁舎の写真の拡大を貼っておく。この建築の梁も全てコンクリート。木造建築にオマージュしている。




香川県庁舎(東館) ノイズっぽいのは雨です

0 件のコメント:

コメントを投稿

東へ西へ

産官学を巻き込むあるプロジェクトが佳境に入ってきた。 ちょっと早めに4時起きで出勤し、色々と庶務を行っていたところに、大阪の地震。高松、RC3階建ての1階の教員室では、初期微動っぽい物音でこれは来るなと思ったところに、1回ドンと揺れて終わった。 iPhoneの緊急地震速報...