2017年8月27日日曜日

擬木コンクリート建築

信濃川の大河津分水を見学。それとは直接は関係ないが、資料館のコンクリート建築が特徴があった。コンクリートで木組みのような梁を再現していた。4本の丸太が重なっているように見えるが、繋がってコンクリートで作られているように見える。

中に鉄筋が通っており鉄筋かぶりはそれほど大きくないと思われるが細い部材なのに劣化も見られない。逆勾配の所の気泡もとくに目立たない。

参考に、丹下健三の香川県庁舎の写真の拡大を貼っておく。この建築の梁も全てコンクリート。木造建築にオマージュしている。




香川県庁舎(東館) ノイズっぽいのは雨です

0 件のコメント:

コメントを投稿

四国でのコンクリートの品質確保に関する近況など

色々と動きがありすぎて、書き切れないのであるが、書かないと他人から見たら何もやっていないように見えるので、書く。こまめに書くことの効果は、頭ではわかっているが実践できていないのが課題。 7月4-6日 日本コンクリート工学会(JCI)年次大会in神戸 への参加。学生コンペ(キン...