2017年8月10日木曜日

香川県内のキーパーソンとの出会い

7月24日は、香川県生コンクリート工業組合青年部、香川県建設業組合青年部の合同研修会として、山口県の品質確保について、二宮氏の講演会、および、パネルディスカッション。私はパネラーとして参加させて戴いた。

かねてから、生コンと建設業が、仕事の上で分断しているのが、材料面での品質確保を実施するための課題と感じていたが、業界自らの取組みとして、このような会を企画されることに敬意を表したい。

二宮氏による講演によって、啓蒙活動として広がることも大事であるが、一番の収獲は、現状に課題を感じている主体性のある方々と出会えたことである。

早速、8月10日には、中讃地域の建設業者4名と会合をもち、私が香川で実現したいこと、彼らが地元における工事で課題に思っていることを意見交換し、最後は、外に出てコンクリートの目視評価を実践した。

その中で、8月25-26日の高知県による山口県のコンクリートの品質確保の大視察が行われるのに同行することを提案したところ、早速2名の参加を戴くことになった。

民間の方々はスピードが早い。さらに香川県コンクリート診断士会の方も1名直前に参加戴けることになって、香川からの参加は私を入れて4名となった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

四国でのコンクリートの品質確保に関する近況など

色々と動きがありすぎて、書き切れないのであるが、書かないと他人から見たら何もやっていないように見えるので、書く。こまめに書くことの効果は、頭ではわかっているが実践できていないのが課題。 7月4-6日 日本コンクリート工学会(JCI)年次大会in神戸 への参加。学生コンペ(キン...