2011年10月15日土曜日

土木技術者資格

先日、複数の学生から、知らない、と言われたので、お知らせの意味を込めて書く。

学生が受験することができる、土木技術者資格は、以前は(今も)、技術士1次試験、国家公務員試験、があった(ある)。しかし、JABEEの認定を受けたことから、技術士1次試験は受ける必要がなくなってしまった。

数年前から、土木学会では、土木技術者の認定試験ができた。2級、1級、上級、特別上級があり、2級は学生でも受けられる。そして今年から制度ががらりと変わって、2級は、年中受けられるCBT試験となった(TOEFLのように、コンピューター受験)。(2級試験と、土木技術検定は本来は別物だが、とりあえず初めての人には、この説明で十分)

年中受けられるようになっても、2級合格の称号が得られるのは、11月末までに受験した場合で、それを過ぎると、合格は1年後になってしまう。ということなので、是非、興味のある人は今のうちに受けること。特にM1はこれから就職活動ということもあり、自己PRは藁にもすがる思いだと思うので。

大学院修士を出たら、社会人1年目でコンクリート技士を受けて、それは確実に受かって、翌年、それをパスポートにコンクリート診断士を受けてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...