2011年10月9日日曜日

プロトタイプ完成

昨日は、とある用事で朝から長野県に行っていて、今朝朝一番で戻ってきた。と言っても、朝9時のバスに乗って、電車を乗り継ぎ、大学に戻ったのが14時半。とても長い移動だった。

さて、ずっと開発に携わっている、とある試験装置の計測システムについて、現場に持ち出すための収納装置等の製作作業を行って、先ほど完成。一部、不在中に届いていたはずの荷物が届いておらず、宅配便会社に問い合わせても扱った形跡なしということで、その部分は欠けたけれども、大勢に影響は無し。結構かっこいいものが完成した。

こうやって目の前に物が出来上がることは、これまでの私が経験してきたことの積み重ねであることは確かだ。このアイデアは前から頭に描いていて、今日は単に作業しただけのことであはあるが、これまでやってきたことの集大成の形の一つであることは確かなので、正直嬉しかった。

こだわり続けて実行して血肉になったことは、尊い。

0 件のコメント:

コメントを投稿

排水の陣

1年半前、うちの高専のコンクリート系の教員の最年長になり、材料実験室の管理は私が中心となった。 管理方針としては、3つある。 1) 片付けをする ←整理以前にモノを捨てる必要があった。倉庫番(ファミコンのパズルゲーム→今は死語)すら成り立たず、まず捨てないと動かす場所が...