2011年10月9日日曜日

夏合宿反省会打ち上げ

先週であるが、夏合宿の幹事2名と私とで、反省会という名の飲み会を開いた。蓋を開ければ、3時間くらい、3人で話し込んだ。

夏合宿幹事に対して私が期待していたこと、伝えたかったことから、始まり、それ以外の話に。色々持ちネタは伝えたが、やっぱり生き方の話に。今私があることは、これまに着々と選択・行動して備えてきたものであること。もちろん、私自身がベストとは思わないが、自分なりの方向に対しては、一生懸命行動して積み上げてほしい。

こういう私のメッセージは、なかなか披露する機会がなかったので学生は新鮮だったようで、私もそれを怠っていたと思うので、これまでよりも頻繁に吐き出したい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...