2011年7月26日火曜日

自転車

2週間前のこととなるが、大阪の出張の際には、学会や委員会だけでなく、自分の研究のための打ち合わせを設定したり、アクティブに動いたつもりだ。帰ってきても自分が進める研究や代表を務める委員会の方向付けをしたり、あわただしい中でも充実している。

とはいえ、いくつかの事も出来ていないことは確かで、パンクしないように自転車を漕いでいる状態でもある。現場の測定もやり残したことがあり、その追加実験を今週に設定することになった。鉄は熱いうちに打っておかないと、ということで、私の空きがそこしかなかったので仕方がない。

致命的にならないように段取りと実行するに尽きる。

いつも似たような日記になっているのは認識している。

0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...