2011年7月3日日曜日

示方書勉強会

昨日土曜日は、示方書勉強会。数年が経過して、色々変革しながら、今に至っている。前回の名古屋場所の時には、津波調査に行っていたし、その前は体調不良で欠席したので、本当に久しぶりだ。

これまで話題提供は、ほとんどできていなかったが、今回は2件準備して、1件発表した。スライドが多すぎて長すぎたというのは別件で反省すべきにせよ、このメンバーから質問、コメントをいただけたことは有意義だった。懇親会でも、ある図について、私が意図していない印象を受けたことがわかり、必ずしも意図したようには伝わらないことを実感。こうやって指摘していただいたおかげで、ブラッシュアップできる。スライドの最後に、ひとつ、笑いのネタを仕込もうと思って前日まで覚えていたのが、その後忘れていたことを、今気づいたので、これは次回の改訂で。

このガチンコ勝負の勉強会は、正直これまで、受身が多かった。もう、受身はやめて、毎回魅力的な話題提供ができるように心がけたい。この目標設定も、日々のモチベーションを高めるために。

全ての方向で、真剣勝負ができるほどの能力は持ち合わせていないが、本質をキャッチしてリンク付ける能力は鍛えられる道場といえよう。こちらも、漠然と聞いていてはいけない。

さて、発表しなかったほうの資料作りで前日寝不足だったので、当日は懇親会2次会でダウン。そこでのマスタ-から、われわれ30前半組の3名に対して、エールを送られたのが、印象的だった。黙ってなくてもっと話せ、さらけ出せ、というエールだったように思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...