2011年7月7日木曜日

まとめること

これまで、構造物の写真を撮ってきたり、色々な研究の知識を得てきたが、それをアウトプットする機会が少なかったためか、きちんと整理していないことに気づき、愕然とした。

教員をしているがコンクリート系の講義を受け持っていない、という外的要因もあるが、とにかくその時々にきちんとまとめていないことに尽きる。

最近、発表したい、話題提供したいという内なる思いが出てきたのもあるし、後は自分から仕掛けたプロジェクトを実行するためにはプレゼンをして相手を説得しなければならない機会が少なからずでてきたこともある。

よって、今更ながら、何かのきっかけにかこつけて、ワードやパワーポイントにまとめることにしようと決意した。

技術士の勉強にしても、アセットマネジメントやライフサイクルコスト、などもうろ覚えのことが多い。講義資料やプレゼン資料を作るつもりでまとめていくのが、私には合っている気がする。

ひとつのことに複数の目的をもたせる、という、この日記を読まれる方は、多分これを開く前に読んだであろう某先生のブログにも書いてあったと思うが、まさにその通り。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...