2017年10月26日木曜日

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。

気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。


以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Constructonや生産性向上の両輪となる取組みと考えております。

発注者、材料供給者、施工者、コンサルタント、学をそれぞれ巻き込んだ実直な活動と捉えておりますので、是非、コンクリートに携わる各団体にも広く周知を戴き、参加を募って戴きますよう、お願い申し上げます。

人財育成、建設業の技術向上、四国で混和材を利用しやすくなる環境の整備、材料の品質向上などが見込まれ、関係者全員にプラスになることと信じております。

     記
名称:コンクリート構造物の品質・耐久性確保マネジメント研究小委員会 成果報告会
  ≪高松会場≫ および 四国における品質確保に関するシンポジウム
日時:2017年11月22日(水) 13時30分~17時30分
場所:高松国際ホテル (香川県高松市木太町2191-1)
内容:全国の品質確保の実践の報告 および 四国内での新設コンクリートの
 品質確保の展開に関する討議
参加費:有料
詳細は、リンクの土木学会 会告をご参照下さい。
      以上

ご不明な点がございましたら、林までお問い合わせ下さいませ。

新しい会告はこちら(土木学会HPよりも最新 または同じ)
https://sites.google.com/site/shikokuconcrete/files/229sympoTakamatsu.pdf

お申し込みは、関係するホームページは、こちら「四国におけるコンクリートの品質・耐久性確保」のページ




0 件のコメント:

コメントを投稿

専攻科授業:有限要素法についての予習課題について

以下、授業の受講学生への周知文章ですが、共通するところもあるので、記載しておきます。メッセージ送信の語数オーバーというのもありますが。 +++++++++++++++ 明日の輪講の予習についてコメントします。 まず、「予習の質問」の意図が伝わっていない恐れがあります。不...