2013年7月26日金曜日

2013年7月26日のヨット部

本日は、天候もよく練習日和。

最近ヨット部で力を入れているのは、実践。



部室の電灯が暗かったので、交換。点灯管も変えたので、直ちにつくようになったし、明るくなった。


他校の船が流されるトラブルや、本校の先週のロープ巻きつき、そして全国的に問題になっている熱中症など、色々と解決すべき課題がある。それをどうやって改善が実践できるか、本気で取り組んでいる。


熱中症に関しては、スポーツドリンクを500ml常備するように指導。スポーツドリンクでない場合には、水やお茶に加えて、塩飴を。言うだけでなく、実際にチェックを開始。塩飴は、慣れるまでは、自分が顧問の時には差し入れることにした。

今日は救助艇マゼランが出せないので、規定により、湾内のみの練習。

すると、水の件が徹底できないと思ったら、1年生からの提案で、水筒や塩飴を箱に入れて、水際に置いておく、という。どんなことでも、自主的に提案してくれるとは、なんと嬉しいことよ。






 

 とある部品が破損。引張部にクラックが入っている。使っていなかった別の部品と交換。ただし、その部品も、曲がってはいなかったが、クラックは入っていた。機械科の学生も多いので、そういう観点でも見る学生が増えることを今後期待したい。

 しばらくは、私が言い続けることが大事か。





 前回割れた部品、ワイヤースリーブは注文した部品が寸法が異なっていたので、とりあえず他校に借りて修理。

 こうやって、圧着ペンチで圧着。

実はここに来るのも大変で、ペンチで切っていたらワイヤーがバラバラになって困る、ということで、ワイヤーカッターを借りてきて解決。こういったことを、今後きちんと実践して情報共有することが大事。

こうやって写真にとって残すことも大事なので、実践。

私は個人的に、ロープワークは、クライミングをやっていた時に覚えたのがことごとく忘れているので、ヨットの本を見て再挑戦しようと思っている最中。とりあえず、もやいむすびは完成。
 


湾内練習なので、上級生がこうやってメガホンで指導。水に浸かっているのは、声を届かせるため?暑いため?

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...