2013年7月22日月曜日

2013年7月22日のヨット部活動報告


本日は天気、風ともに良いコンディションだった。


通常期間は、土日の練習で、夏休みの練習は、土日月が基本。月曜日は午前中は他校が来ていないので、貸切状態のよう。

1人乗りのシーホッパーの他に、2人乗りのヨット(420およびFJ)を出し、1年生の育成に充てるとのことでした。感心。



シートの色をみると、なんだか中から自衛隊の装甲車でも出てきそうですが、お金節約のために、手元にあるシートを使っているそうです。ヨット専用の保管用カバーを全部、しかも永続的に揃えるとなると大変。



ヨットの準備に関しては、1年生もだいぶ板についてきました。



2年生が、1年生にレクチャーします。


頼もしく見える2年生。

あれ、ワイヤーの長さが届かない、というハプニング。
この先端で絡まっているのでしょうか?結果として、引っ張って解消のよう。

その後、ワイヤーのスリーブ部が外れるトラブル発生。FJは修理待ちとなりました。

今度は、420の組み立て。
こちらも2年生が1年生にレクチャー。

いざ出航。
こうやって隊列を組んで出航するのは、なんだかかっこよく、頼もしく見えます。


救助艇マゼランも出航。
私は防波堤に立って、練習を見るだけ。ほとんどの時間は本を読んでいますが、双眼鏡で見たり、最近導入を始めたトランシーバーで連絡を取ります。



私はこちらの工事が始まったのも気になります。浮桟橋は、鉄の塊ですが、海水の漏水の工事をするようです。まさに、鋼の箱桁橋と同じです。

午後、トラブル発生。スクリューに、練習で使う我々のブイのロープが絡まりました。これは、重大なヒヤリハット(結果として致命事故になっていないが、それにつながる可能性のあるもの)です。この件は、直ちに検証し、対処法など改めて実行しました。記録に残すのが大事で、写真もこのままいきます。


自走できたので、不具合に気づいて戻ってきました。



クレーンで上げると、絡まっています。












絡まったロープを除去し、シャフトやスクリューに不具合の無いことをチェック。実際に再度船を動かしてチェックしました。
同時に、電蝕リング(この金属が錆びることによって、シャフトが錆びるのを防ぐ)が、減ったり、物理的に脱落したりしていたのを気づいた。防蝕というのは、学問としては知っていても、このように船の部品で見たのは初めてである。何事も勉強。

しかし、普段船の上げ下ろしをしている学生が、このような状況に気づかないのはまた問題ではあると思うので、これもフィードバックしたい。






軸のブレを、簡易チェック。問題なさそう。

本日は、これでおしまい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...