2012年1月24日火曜日

一段落

前月の入院の話ばかりで恐縮だが、一応最後の総括。

1月4日に、その後の精密検査ということで内視鏡検査をしていたのだが、その結果を本日聞いた。全く問題ない、完治です、とのお言葉を戴いた。年末には肉体的には大丈夫と思っていたので、そんなに驚きはないけど、一応安心。

なお、他の病気は、全く考えられないということで、今回の腸炎は防ぎようはなかったとのこと。ただし、手放しで安心することはせず、この1か月、いろいろとアドバイスしていただいた方には真摯に耳を傾け、これをきっかけに健康により一層気を付けたいと思っている。聞く耳を持つことができるようになった、というのが、入院の成果と思っている。

最近、整体では新しい筋トレの課題も出され、取り組んでいる。今朝、娘が起きてきて、ラジオ体操は?と彼女から聞いてきたのには脱帽。H先生のまねのつもりはないけど、うちも実践している。テレビは毎日上書き録画して利用している。

0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...