2012年1月11日水曜日

プレゼント

今朝、大学事務からメール。○○試験監督の他学部応援要員になっていたのだが、何と、当該学部で調整の結果、私の応援は不要になり、試験監督から外れるとの通知。

○○試験に限らず、試験監督は、体力的に堪える。特にこの試験は2日連続なので、フルの場合には疲労が蓄積したまま次の週が始まるので、結構きつかった。

そもそも今年は、2日目のみ1日間の要員だったが、今執筆中の論文のことや、ちょうどタイムリーな完治していない腰痛のことを考えると 、憂鬱であった。休みが少ない父に対して、5歳の娘はコミュニケーションを求めており、やたら私の休みのことを尋ねる。その娘が、実は昨日、「今週の土日もお仕事?神様が来てお仕事なくならないかな。(詳細の言い回しは忘れたが、そういう趣旨のことを)」と言っていたらしい。

サンタさんのプレゼントが、今日来ました。

ですが、娘には申し訳ないが、土曜日は家族と一緒に遊んでも、当初仕事が入っていた日曜日はそのまま喫茶店かどこかに篭り、論文書いています。プレゼントはパパだけに届いたようです。ごめんなさい。

++++++++++++
と、ここまで書いたけど、できる限り、執筆は夜間早朝にシフトさせて、2日間昼間は家にいられるように努力はしてみたいと思っている。プレゼントはシェアしなきゃね。



試験実施に関することは、出題関係だけでなく全部クローズなので、伏字にしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

排水の陣

1年半前、うちの高専のコンクリート系の教員の最年長になり、材料実験室の管理は私が中心となった。 管理方針としては、3つある。 1) 片付けをする ←整理以前にモノを捨てる必要があった。倉庫番(ファミコンのパズルゲーム→今は死語)すら成り立たず、まず捨てないと動かす場所が...