2012年1月10日火曜日

よき師とともに

社会人・研究としての師はたくさんというか、少なからずいる。その分野の師の話は別の機会に。

さて、年始から、しばらく順調であった腰痛が再発。普段はストレッチと加温により、ほぼ医者いらずになっていたのが、それでも疲労が蓄積していたのか、重いものを持ったわけでもない腰を曲げた時に違和感を感じた。加温とストレッチで回復するかと思いきや、だんだん悪くなって、立てない状況になってきた。かかりつけの整骨院へ。

この整体院のO先生は、腰に関して一番信頼できる先生で、まだお若いのだが、体が合う(他意はありません)というか、一番私のことを分かっていて、適切な対処をしてくれる。たまにO先生がお休みの時には、失礼だが他の先生となると、ちょっとしっくりしない。
ちなみにO先生は昨年一度転勤されたのだが、そのせいで私は整骨院から遠ざかっていた。しかし、昨年暫くして、どうしようもないときに以前の整骨院に行ったらなんとO先生が戻っていた。色々あったようだが、このことは運命的なものを感じたひとときであった。

今回のように、椅子に座っていても集中できないまでに陥るのは、年に1回あるかどうかということだが、新年早々その状態になってしまった。今朝までに3回通って、だいぶ良くなってきた。


これまで、ちょっと良くなったらそのまま忘れて数か月か過ぎ、また悪くなって、の繰り返しだった。今回は、マイ健康ブームになっているのを積極的に利用して、定期的に通って根本的に治すことと、アドバイスを受けながら、必要な筋力をつけて根本解決を図ることまで高めたいと思っている。そのためには、手帳に3月まで通院のスケジュールを入れるしかないだろう。また、例のスマホのリマインド機能を使って、定期的に忘れないようにしておきたいと思っている。

P.S. 3月までの手帳書込みスケジューリングが終わった。

0 件のコメント:

コメントを投稿