2012年1月5日木曜日

新年あけました

新年あけました。

年末年始は、家族で過ごしていました。職場へは、今日、5日からの出勤です。

2歳と5歳の子供には、お休みは3日までと伝えていました。

というのは、昨日1/4はお休みして、昨年の入院に関連しての事後の精密検査でした。大腸のカメラ検査で、前日の食事制限から始まって、当日は朝から2リットルの腸の洗浄液を飲んで、午後から診察。前回入院の際には、痛くて結局麻酔を打ってもらった経緯があるので、今回も初めから麻酔をお願いしました。まったく記憶がないのですが、それでも痛がっていたそうで、追加の麻酔をして何とか終わったようです。最終結果は月末の診察までお待たせなのですが、直後に悪いとの連絡は受けていないのが安心でした。麻酔が体に残っているようで、家に帰っても結局夜まで寝ていました。

正月から突き抜けた(下品で失礼) 年が始まりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...