2011年1月13日木曜日

ポジティブの1年に

更新が滞っていましたが、これで日記も新年が明けました。

昨年の日記は、○○ができなかった反省など、ネガティブな記載が多かったと反省(またネガティブ)ですが、日記には現れていないけれど、色々と研究が進んだり、知見が統合されて今まで勉強していたことがつながったり、委員会でも存在意義を感じる(自称)ようになってきたりで、非常にポジティブに生活しています。某先生からは、やはりそういうことも日記にPRすることも重要なミッションと言われており、そうありたいと思っています。

今日のJCIの学会論文締め切りに向け、一応順調に来ています。(本来は前日には終わっておきたいところですが)
さて、気づいたら1時間以上、今朝ある学生とディスカッションしていました。ひび割れと物質移動の関係で、話せば話すほど、私のこれまでの知見が、過去の知見とリンクして、自分の中で新たな発見や、事象の理解、仮説の立案ができました。学生は必死でついて来ようとしていたみたいですが、とても楽しい思考過程でした。結果として、その学生からのアプローチがなければ考えなかったことなので、とても良い場を提供してもらったと思います(これもポジティブ思考)。

気づいたら、JCI投稿まであと4時間半。ぎりぎりになることは無いですが、ミスの無いようがんばります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...