2011年1月31日月曜日

土木学会認定土木技術者 1級合格

本日も、朝からずっと、特に表層品質の研究に関する議論が続き、18時にやっと時間が空いた。また明日から日帰りで2日間連続で、現場測定に行く。今回は、学生2名がそれぞれの研究の観点でデータを取得するもので、背水の陣の測定ともいえるため、この1週間、お尻を叩いてきた。その結果、8割くらいは何とかいけそうな感触を得ているが、当日どうなるかは、2人の頑張りのほか、現地の状況を見ながらのジャッジにかかっているか。


さて、9月に受験した土木学会の土木技術者試験の合格発表が行われ、1級にやっと合格した。1級のコースAというものに応募したが、鋼・コンクリート系は、受験者数31人(少!!)で、合格率は38.7%だった。1級の守備範囲は、実務経験が7年からだったのだが、1つ上位の上級技術者の最低実務経験が11年のため、せっかく合格しても、来年からまた上級を目指さなければならないが。それよりも、技術士を取らなければ、と思っているので、来年こそ。


とりあえず、土木学会の土木技術者の表記は次のようになるらしい(2011年度登録から「土木」の名前が入るらしい)。見た目は様になっている。


1級土木技術者〔鋼・コンクリート〕(土木学会)
Professional Civil Engineer (JSCE)[Materials and Structures] または、Pro. C. E. (JSCE)[Materials and Structures]



0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...