2017年6月23日金曜日

往復書簡

元上司、今の同志?の細田先生から、以下のようなブログの記述がありました。

今書いているこの文章は、それに対しての返信は含んでいませんが、私のブログを読んで戴いている身近な方もいらっしゃるので、私はこういう環境に育って、周囲から多数支えられているのだということを知って戴きたいこともあり、紹介します。

さらに、今日たまたま会話した、とある学生にも私のブログを紹介しました。読んでくれているでしょうか。誰だって必ずどこかに仲間はいます。私も価値観を同じにする人に出会って、さらに自分に自信が持てました。


以下、冒頭のリンク。

人間の成長と、社会への貢献(細田暁の日々の思い)

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...