2017年4月26日水曜日

ルーブリックを利用した構造工学実験の改善

先日もコンクリート実験の改善を報告したところであるが、その1年前から継続して取り組んでいるのが、構造工学実験の改善である。

この手法は、現在リアルタイムで学科内で普及しつつあるととともに、これらの議論をきっかけに、実験系、PBL系科目のブラッシュアップに繋がっている。

ファイルをダウンロード


0 件のコメント:

コメントを投稿

等価交換、適切な価格

先にブログで殴り書き公開した内容。後に推敲するかもしれないが掲載する。 ++++++++++ 利用料、工事代金というのは、原価のものを買うよりも、人件費や償却費などの金額が上乗せされているので、価格は大きくなり、その結果感覚的に高いなぁと思うことはある。しかし、人は、提供...