2014年4月8日火曜日

新しいクラス

4月7日に新学期がスタートしました。

私は今年初めて担任を持ちます。学年は4年生です。

初日は、事務的な連絡のホームルームだったので、配布物や連絡、係決めだけであっという間に過ぎてしまいました。

翌日の今日は、この学年の授業は無いのですが、こまごまとした書類の配布や申請書の捺印等、色々と学生と接触する機会はありました。

来週からは個人面談も始めます。

私の研究室のホームページも周知しているので、学生はいづれこのブログにもたどり着くでしょう。



高専教員2年目で、寮務主事補2年目と担任1年目。役職ということでは、本格化してきました。精一杯頑張るとしか言いようがありません。

学外の仕事も増えてきています。例えば昨日であれば、〇〇監査会議などの役職も仰せつかりました。

多忙にはなりますが、これまで同様、絶対に「忙しいから」と言い訳をしなように、ポジティブ思考で乗り越えていきたいと思います。困ったら、何を優先すべきか。やはり教育が一番優先です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...