2011年3月28日月曜日

津波災害

この本を読み始めて、震えが止まらない。2010年12月、つまり今回の地震・津波の3か月前に出版されたこの本。







私が購読している上記のブログ(私の日記を読む人なら知っている方ですね)に、その記事があり、この本の存在を知った。そのブログでも、まえがきを読んで絶句した、とある。私もその通りだった。

単に津波の怖さを煽るだけでない、正しい知識とその対処法を、と著者は訴える。まだ第一章の途中までしか読んでいないが、気になったフレーズを。「災害と私たちは戦っているのである。被災してから防災集落をつくっても、肝心の住む人が減少したのでは災害に負けたのと同じである。」

このまま一気に読み進めたいが、論文の執筆や手直し等があるので、少々休止。


あと、3年前の研究室夏合宿で訪れた、三陸海岸。事前に津波の勉強をして、田老の宿に研究室で宿泊した。当時何度か読んだ、吉村昭、三陸海岸大津波は再読しなければならない。確か、「津波はのっこのっことやってくる。」今回の地震後、その「のっこ」という響きが何度も頭を駆け巡っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...