2011年3月14日月曜日

近況

地震後の周辺の近況を。

私は、東京出張後、帰路の渋谷駅の電車中で地震遭遇。帰宅困難になりかけたが、唯一南方面は東横線が復旧し、23時に電車に乗れ、午前1時に帰宅。家族も無事。渋谷駅にいたのが幸い。

大学は、棚から書籍や書類が少々あったものの、致命的な被害は無いとの連絡あり。13日には実際に大学に来て確認する。一部学生のPCが机から落ちたそうだが、そのチェックはできていない。実験機器も薬品も無事。棚は、未固定のものは倒れずに横滑りしていた。打ち上げで皆で寄せ書きしたダルマが一切倒れなかったのは不思議。メールと電話で研究室メンバーの所在を確認完了。

14日(月)は、徒歩と電車で、遅れて10:00到着。12:20からの計画停電に向けて、コンクリート研所有のバケツ類を使って、土木棟のトイレの水を確保。その場に居合わせた数名の協力に感謝。

一部、最近に購入した棚が壁に未固定になっていたので、学生に手伝ってもらい作業を開始。現在に至る。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...