2017年5月28日日曜日

先週の総括

先週は色々と会議を実施。

数年後に振り返ると、あれが契機になった、という会議だったかもしれない。

5/23(火)午前は、国交省四国地方整備局にて、第3回「産官学コンクリートの品質確保会議(仮称)」が無事終了。徐々に、四国らしさ、というのが見えてきた。

午後は、県内某市役所と橋梁維持管理の「身の丈に合った維持管理」についての初回打合せ。官学でどこまで連携できるか分からないが、キックオフとして技術者同士の良い情報交換ができたように思う。

翌日午前は、四国地方整備局で四国のフライアッシュについての打合せ。先週の九州出張の集大成となったと思う。次に繋がる、と期待している。

フライアッシュに関して、某所からの講演依頼と、6/9に長崎でも短時間であるが講演をすることになった。これもこれまでの取組みの成果の賜。フライアッシュの研究や実践活動は、元々自分で始めたわけでないが、色々と関わるうちに繋がってきた。巡り合わせて戴いた委員会、人々に感謝。特に、長崎は、小学校5年~中学校1年までの多感な時期を過ごした、私の第三の故郷。感慨もひとしお。

0 件のコメント:

コメントを投稿

本日 四国地整向け品質確保講習会

本日午後は、四国地整向けとして初めての品質確保講習会。 一般向け、施工業者主催、などは多数行ってきたが、地整職員としては初めてとなる。四国地整とは、産官学の会合を定期的に続けてきているので、それを担当者外にも周知することも目的であるし、7月に全国地整で試行工事を行う通知が出た...