2014年5月6日火曜日

読み応え

佐々木俊尚氏のツイートで紹介されていたウィキペディアの記事が秀逸でした。佐々木氏曰く、この記事の執筆は、吉村昭を彷彿させ、淡々と事実を積み上げることの重みを持っています。


このような病気がかつて日本であり、その解明と収束に100年以上を費やしていることを初めて知りました。

地方病 (日本住血吸虫症)

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...