2014年5月6日火曜日

読み応え

佐々木俊尚氏のツイートで紹介されていたウィキペディアの記事が秀逸でした。佐々木氏曰く、この記事の執筆は、吉村昭を彷彿させ、淡々と事実を積み上げることの重みを持っています。


このような病気がかつて日本であり、その解明と収束に100年以上を費やしていることを初めて知りました。

地方病 (日本住血吸虫症)

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

排水の陣

1年半前、うちの高専のコンクリート系の教員の最年長になり、材料実験室の管理は私が中心となった。 管理方針としては、3つある。 1) 片付けをする ←整理以前にモノを捨てる必要があった。倉庫番(ファミコンのパズルゲーム→今は死語)すら成り立たず、まず捨てないと動かす場所が...