2013年11月29日金曜日

絶対値

日本語で絶対値というと、発音は窮屈な気がするが、数学用語では、負の数であれば、その符号を取り去って正の値で表記するものである。(数学的な定義はここではおいておく)

-2の絶対値は+2である。+2の絶対値も+2である。

ネガティブなことも、その絶対値をとるとポジティブになる。
彼の手にかかれば、全てがポジティブになる、というカッコ良い奴である。

絶対値、呼び名はさておき、とてもよい概念である。


何か問題があれば、「できない」とやめるか、「できるにはどうするか」と行動するか。
コップに半分の水しかはいていないのか、コップに半分も水が入っているのか、感じ方は自分次第。

すべて積極的に良い方向に持っていきたい。

私の行動原理は全て、ポジティブに。


私は絶対値になりたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...