2011年8月31日水曜日

いい感じ

夏合宿の計画を、担当の鈴木君、鈴木さんとずっと話し合ってきたが、昨晩のほかのM1も含めた合計2時間ほどの打ち合わせで、そこそこよい方向になってきたように思っている。
研究室の方針として、教員もサポートはするが、基本的には学生が主体となってマネジメントしてほしかったので、昨年よりももっと、これまでだいぶ突き放した対応をしてきた。いろいろな意見が出ることは、合宿に限らず当たり前なので、それを調整したり、参加者のニーズを改めて確認したりで、その時々で、構成員が納得できるものを作り上げるプロセスを実施してほしいというのが願いだ。結果として見学がスムーズにできるかどうかは、それに比べると、どうでもよいと思っている。上から与えられたものを単にこなすのは、本研究室の合宿ではない! この思いも、適宜解説して伝えないと、単にいじめているように思われるのが関の山なので、適宜解説してきたつもりだが、合宿係だけにだったので、他の学生に伝える機会がなかった。そういう交流もできたことも含めて、昨日の打ち合わせをあの段階で開けたのはよかったと思う。
バックグラウンドでは、学生が連日遅くまで話し合って、結構考えてくれたようなので、それがよくわかってうれしかった。

解説がほとんどない合宿なので、教員側から、見所や、キーワードを複数提示したし、現地でもマイクを使って、適宜解説することにしようと思い、その思いは昨日話した。

私は、気持ちが高ぶると、よく寝付けないのか、その内容の夢を見る。早速今朝、三陸を皆でバスに乗っている夢を見た。いい感じだ。

あと2週間をきりましたが、合宿係を中心に完全燃焼していきましょう

0 件のコメント:

コメントを投稿

11/22(水)午後 コンクリートの品質確保 甲子園決勝 in 高松

しばらく、トップ記事に固定します。 気分は日本シリーズ、甲子園決勝、の気概で計画しています。 以下および添付資料の通り、コンクリートの品質確保に関する報告会及びシンポジウムを開催することとなりました。材料-施工の取組みで華々しさはありませんが、i-Construct...