2011年8月25日木曜日

宮古・田老

津波の調査、のための現地打ち合わせということで、8/23-24で一泊で宮古に行ってきた。1泊とはいっても、正午に大学を出て、夕方に盛岡という行程だったので、気分的には1日半。

現場調査はこれまでは目の色を変えて準備をしてきたと思うが、結局前後の仕事に追われて、最低限の時間をかけて準備をして現地に乗り込んだので、いろいろと不備もあったものの致命的なことは回避できたので良しとしよう。作業靴を忘れたのが一番大きかったが、盛岡で購入して事なきを得た。

橋の落橋現場を訪れると、その多くは既に片付けが済んでいて、何もない。特に、先に入っている長岡技大の話を聞くと、あの北リアス線の島越駅周辺が、すっかり更地になっているとのこと。半年近く経つのだから仕方がないとはいえ、驚き。5月に乗り込んで徹底的に計測しておいたことが、本当に貴重なこととなった。


夏合宿でも訪れるため、結果としてその下見にもなったと思う。

いろいろと段取り系、フィードバック系で溜まっていることが多いので、とにかくこなしたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

リスク回避の能力

交通の冗長性は必要で、それが平時だけでなく地震時、異常天候時のレジリエンスに繋がる。要は冗長性が高いほどリスクに強くなる。ここで言うリスクは拡張すると、会議が延びて出発が遅れたり、帰着が遅くなったり、迷子になったり(笑)も含む。 高松は、地方都市の中でも、交通の冗長性(代替選...