2011年8月17日水曜日

夏休み総括

今日から、大学出勤。

昨日まで5日間、大学を離れて、家族と一緒に過ごした。途中、妻の夏休みということで、1日だけだが、妻抜きで、子供二人と終日過ごした。日々時間に追われてろくに家族全員で一緒にご飯を食べていなかったことに改めて気づかされた5日間だった。夏休み数日前から、娘が、パパの夏休みと言ってカウントダウンをして楽しみにしていたことが、私としては驚きであったが、子供にしてみれば、朝と夜に会わなかったら出張でもないのに2日間会わないこともしょっちゅうだったので、そう感じるのも無理はない。

恥ずかしながら、この年まで、セミの羽化を見たことがなかった。ある日、早起きして見に行こうと思って3時起きのつもりが結局5時になり、行ったところで不発。では、と、その晩、21時に行ったところ、予想に反して、既に羽化が始まっており、抜け殻の横で真っ白の羽を伸ばして休んでいるのが多数。こんなに早く終わっていたなんて、知らなかった。その日だけで、一人で小一時間歩き回り、30匹以上の羽化が終わったばかりの姿を見る。本当の羽化を見に行きたい、さらに、羽化する前のセミの幼虫が歩いているところを見てみたい、との思いが募る。

翌晩は、娘を連れて、19時半に行くと、 大正解。セミの幼虫って、こんなに速く歩くものかと、驚いた。娘も大興奮。往路で見つけた幼虫が、復路では半分羽化しているのを確認し、これまた感激。

当初、羽化しそうなセミを家に持って帰って続きを見ようと思っていたが、実際にその姿を見ると、頑張れ、と可愛くなってきて、そんな思いはどっかに吹き飛んでしまう。

セミの羽化に対して、敷居を高くしていたが、こんなにも簡単に見られるとは、目から鱗だった。普段見失っていた、モノの考え方、行動力について、気づいた夏休みだった。

次は、セミの幼虫が、地中から出る瞬間も見てみたい。ここまで来ると、マニアックだが。

先週の、車なし1週間に加えて、良い経験をした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

排水の陣

1年半前、うちの高専のコンクリート系の教員の最年長になり、材料実験室の管理は私が中心となった。 管理方針としては、3つある。 1) 片付けをする ←整理以前にモノを捨てる必要があった。倉庫番(ファミコンのパズルゲーム→今は死語)すら成り立たず、まず捨てないと動かす場所が...