2011年2月27日日曜日

来たー

今日(すでに昨日)は出勤していたが、自分の研究、委員会の仕事をこなしつつ、留学生と共著の論文のデータの議論をしていた。ある計算手法に前から疑義があり、検討しなおしたところ、やり方が確立できた。その手法を用いて、留学生に検討しなおしてもらったところ、ぴったりと現象を表現できた(ようである)。

感動、感激。二人でがっちりと握手する。

その後、その手法をわかりやすく取りまとめるために数時間。今終わったが、満足感でいっぱい。

間違えていないことを祈る。

++++++++++++++
当初、18時に家に帰ると約束していましたが、ごめんなさい。お蔭で、立派な成果が出ました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

懲りなきゃわからないのは悲しいが

交通インフラの定時性が充実してくると、使う側の安全の見込みが小さくなってしまい、ギリギリに行動してしまう。 1/9は、20時5分の最終便で高松空港から東京へのフライト予定であったが、空港まで車で短時間で行ける(最近、1つ長い信号を迂回できる河川沿いの近道を見つけた)安心感もあ...